いま 憲法市長 本田久美子

市民のいのち、
安全を守るのが
市長の仕事です。

市民が動けば政治は変わります。
2月7日の投票日。
本田久美子と書いて投票してください。

くらし応援 すぐにやります  市の予算7100億円 ムダを省き、実現しましょう。

  • 府内最低の子ども医療費助成 中学校卒業まで医療費無料
  • 介護職員1万5000人の労働条件改善 介護職員不足の解消・サービス向上 中学校卒業まで医療費無料
  • 小学校3年生まで35人学級
  • 年次計画で全員にいきわたる 温かい中学校給食
  • ブラック企業・バイトを規制・根絶、正規雇用拡大 若者雇用おうえん条例
  • 高学費・奨学金ローンの苦しみから若者を守る 奨学金返済  軽減条例
  • 経済効果は助成額の10数倍 住宅改修助成制度で仕事おこし
  • 4年間で3500万円 市長退職金キッパリ廃止
  • 差別をあおる ヘイトスピーチの規制
  • 性的マイノリティの人権、多様な個人を尊重 パートナーシップ条例(仮称)制定

プロフィール

1950年1月生まれ。京都市左京区浄土寺在住。家族は夫。一女・孫二人。
京都教育センター事務局長、子どもの権利のための国連NGO・DCI京都セクション代表、京都府アジア・アフリカ・ラテンアメリカ(AALA)連帯委員会運営委員長、左京母親連絡会会長、被爆2世・3世の会会員。元・労働審判員。

詳細はこちら

本田久美子さんを京都市長に

メッセージはこちら

本田久美子の京都再生ビジョン

私のめざす「京都再生」

平和で、安全・安心

機会の平等と発達

暮らし・福祉応援

京都経済再生

市民参加と自治

財政立て直し